スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[243]天皇家には、ご苗字がないが、宮家にはあるのか
無念15位/190サイト転落。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング







16位(最高11位)/767サイトです。クリックして応援してください。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑をクリックして応援してください。

愛媛県11位です。2位・4位~6位・8位~10位・13位・14位も私のブログです。




日本ブログ村にも参加しました。

72位です↓のバナーをクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログへ





 今日の主題は、御皇族方の宮家に苗字は、あるのかということです



 天皇陛下にご苗字がないことは以前取り上げました。



 皇太子殿下の東宮家も、天皇家を構成する一員ですから、ご苗字がないのは、当然のことです。



 では、皇族ではあっても、天皇家の一員ではない宮家は、どうでしょうか。



 秋篠宮様の秋篠宮もしくは秋篠は、ご苗字でしょうか。



 秋篠宮は、ご苗字ではなく、ご称号です。秋篠も、ご苗字ではありません。



 では、他にご苗字があるのでしょうか。



 皇族の皆様には、ご苗字はありません。



 清子様のように、皇族を離れられると、苗字を名乗られます。



 清子様は、黒田さんに嫁がれることで苗字が出来たのですが、そうでない場合は、どうでしょうか。



 戦後、宮家がかなり縮小されましたが、このような場合、苗字は、どのようにつけられるのでしょうか。



 宮内庁に取材してみました。



 宮様が、皇族でなくなる場合、宮家の宮を除いたご苗字になるそうです。



 ちょっと現実的でない例で申し訳ないのですが、高松宮様が、皇族でなくなるとすれば、ご苗字は、高松を名乗られることになります






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 15位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





↓をクリックして応援してください。



16位(最高11位)です。



日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ





昨日の最終成績は4位(最高4位)でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでした。ご訪問感謝します。

スポンサーサイト
[2006/09/27 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
[242]「さや・かな・まな・まみ」という名乗りに(万葉仮名的に当てられる)良い漢字があるか2…SYGさんのコメントに対する回答
感謝11位/195サイトまで復帰です。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング







16位(最高11位)/763サイトです。クリックして応援してください。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑をクリックして応援してください。9位字源と漢和辞典のブログも私のブログです。



日本ブログ村にも参加しました。

79位です↓のバナーをクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログへ





 今日の主題は、表題にあげた名乗りに対する漢字を考えるということです



 万葉仮名的に、当て字風につけるとすれば、かなり多くの候補が出てきます。



 前回は、二字の名乗りに対して、一字の漢字を対応させて見ましたが、良い文字がありませんでした。



 今回は、「さ・や・か・な・ま・み」に一字ずつを対応させて考えてみます。



 この時に、悪い意味の漢字は、割合避けやすいのですが、良い意味であるが、読みにくい漢字というのが、なかなか排除しにくかったりします。



 このうちなかなか良い意味がなくて、以前困ったのが、「な」ですが、「那」を選んだはずです。



 「か」は、誰もが気がつきやすいかと思いますが、やはり一番良いのは、「佳」であろうと思います。



 「かな」は、「佳那」が良いと思います。



 「まな」は、「真那」以外にちょっと、ないようです。



 「まみ」は、「真美・真実」に、鬼がつくので、ちょっと躊躇しますが、「真魅」も候補にして良いと思います。



 「さや」は、ちょっと良いものが思い浮かびません。



 以上は、さしあたりの回答ということにしておきます。



 時間があれば、再度書き込みます






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 11位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





↓をクリックして応援してください。



16位(最高11位)です。



日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ





昨日の最終成績は4位(最高4位)でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでした。ご訪問感謝します。

[2006/09/18 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
[241]「さや・かな・まな・まみ」という名乗りに良い漢字があるか1…SYGさんのコメントに対する回答
感謝18位/190サイトまで復帰です。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング



17日現在、12位です。応援を感謝します。





12位(最高11位)/763サイトです。クリックして応援してください。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑をクリックして応援してください。7位字源と漢和辞典のブログも私のブログです。



日本ブログ村にも参加しました。

79位です↓のバナーをクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログへ





 今日の主題は、表題にあげた名乗りに対する漢字を考えるということです



 万葉仮名的に、当て字風につけるとすれば、かなり多くの候補が出てきます。



 第一回としては、二字の名乗りに対して、一字の漢字を対応させて見ます。



 まず「さや」ですが、「清」が一番のおすすめです。「さやか」という言葉を漢字で書けば、「清か」などになるということ、黒田清子さんのお名前に使われており、「さや」と読むことが理解されやすい、という理由です。その他「さや」と読む字に「幸・明・西・鞘・莢」があります。



 「かな」は、「兼・加・包・協・印・可・哉・奏・彼・曲・神・要・金・鉛・鉄・銀・銅・鹿・鼎」などがありますが、おすすめの字がありません。



 「まな」なら、「愛」が良いかと思いますが、「めぐみ」と読まれそうで、推薦できません。あと「学・生・真・砂・門・間・魚」が、「まな」と読ませることが可能ですが、良いと思う字はありません。



 「まみ」は、「狸」やその近縁種をあらわす字しかありませんので、論外です。



 万葉仮名的なものは、次回以降ということにしたいと思います






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 18位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





↓をクリックして応援してください。



12位(最高11位)です。



日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ





昨日の最終成績は4位(最高4位)でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでした。ご訪問感謝します。

[2006/09/16 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
[240]「萠」の字を届出後に「萌」に変更することは現実的にさほど困難ではないか…兵庫さんのコメントに答えて1
無念35位/190サイトです。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング







13位(最高13位)/751サイトです。クリックして応援してください。



 今日の主題は、最初に名前に使った漢字と同音同義の漢字に簡単に変更できるかということです



 相談者の方は、「みなも」と読む名前にしたいということで、第一候補として、「南萠」を「光の密度の濃い方向に向かってすくすく育つ」という願いで考えられたそうです。



 「南萌」にされなかった理由として、「萌」が最近、秋葉原に代表されるオタク文化の「萌え」に使われることが、嫌だということでした。



 しかし、漢和辞典を引いていただければ、分かることですが、「萌」にオタク文化の「もえ」の意味などありません。



 「もえ」と読むのは、「草萌える初夏」というような表現に使う場合で、非常によい意味です。



 オタク文化の「もえ」に使うのは、良く言って「当て字」、普通は「俗用」、きつく言えば「誤用」です。



 それでも気になるのであれば、他の候補を考えるべきですが、「萠」は候補になりません。



 「萠」は、「萌」と同音同義であるばかりでなく、「萌」の俗字であり、その意味で、「萌」より良い字だとは言いがたいからです。



 この質問に対する答えになっているとは思いますが、最終的に答えておきます。



 正字「萌」を俗字「萠」にするのは、まず不可能だと思いますが、俗字「萠」を正字「萌」にするのは、不可能ではありません。



 しかし、両方とも人名用漢字として認められた同音同義の字です。「漢字を間違えた」・「正字にしたい」とのどちらの理由でも、かなり困難だと思います。



 家裁裁判官を説得できる自信がなければ、やめた方が良いと思います。不可能ではないが、非常に困難ということです。



 続きは、次回ということにしたいと思います






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 35位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ











昨日の最終成績は4位(最高4位)でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでした。ご訪問感謝します。

[2006/09/12 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
[239]ご迷惑を掛けたブログの作者の方およびランキングを応援していた方へのお詫び
 ブログランキング・ホームページランキングから撤退しました。

 

 というか、現在ブログランキング1位・2位の方のサイトへのクリックに不正があると思い込み、不正を糾弾すべきだという文章を、他のブログに書きこみ、別のブログにも、簡単にその趣旨のことを書き込んだことへの処分になったのです。



 というのは、同ブログの作者の方が、ランキングサイトに提訴し、ランキングサイトが、同ブログには、不正がなく、私の誤解から出た書き込みを、悪意からでたものと判断した結果の処分だと思われるということです。



 ランキングシステムとネットでの常識不足により、同ブログの作者の方に迷惑をかけ、またランキングに応援いただいた多くの方のご支援を無にしてしまいました。



 ご報告とお詫びを兼ね、私の主なブログすべてに同様文書を掲載します。





 なお、同ブログの作者の方には、次の謝罪文を先に書き込みしております。







 どうも私の誤解で迷惑を掛けたようで申し訳ありません。



 ランキングサイトは、誤解ではなく、悪意と取ったようで、ランキングからすべて削除されてしまいました。



 私の不勉強が原因なので、致し方ありません。



 ただ、あの文章は、削除し、コメントのほうへ残すことにします。



 ブログランキング・ホームページランキングから撤退ですから、あの文章を残す意味がありませんが、完全削除してしまうと、あなたのお怒りを増すばかりと思い、コメントのほうに残すことにしました。



 ネット上での常識に不勉強な私に、色々ご教示いただき感謝しております。
[2006/09/10 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
[238]当用漢字時代以降の人でも、常用漢字・人名用漢字以外の漢字を名前に使っている人がいる
感謝ブログランキング1位~5位独占/78サイト

9/7現在(9/6は、1位~3位)。



無念ブログランキング3位/76サイト陥落

と言っても、1位も2位も私のブログです。

引き続き、をクリックして応援してください


ブログランキング



無念ホームページランキング5位/156サイト陥落





無念27位/190サイトです。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング







20位(最高16位)/751サイトです。クリックして応援してください。

10日現在13位です。



 今日の主題は、当用漢字時代以降の人で、常用漢字・人名用漢字にない漢字を、名乗りに使っている人がいる理由です



 8月3日に、取材中との書き込みをした後、この話題を取り上げていませんでした。



 納得できるような回答が出なかったからです。



 その後、理論的には、納得できていない部分もあるのですが、現実問題として、納得できる域に達したので、今回の記事になったということです。



 その後も、昭和20年代後半生まれの方にそのような例があり、取材を続けました。



 現実レベルの問題として、当用漢字が制定され、その後、人名用漢字の制定、当用漢字から常用漢字へと変化してきたが、初期の段階では、役場での受付で、手書き文字と、これらの漢字表などで示された字体との関連が完全には、把握されていなかったということがあります。



 出生届で出される手書き文字を、現実に登録したり、電算化する際に、範囲外の字体にせざるを得なかったということで、混乱が、長きに渡ったのです。



 そのため、平成2年に「誤字俗字に関する通達」が出され、誤字俗字は、正字に直して受け付けるように指導されたのです。



 そのため、その後は、活字やコンピーターのフォントにすると、別字体になるような漢字で出生届を出しても、ほとんど受理されていないようです。



 逆に言えば、上の通達が出るまでは、文字の範囲は、常用漢字・人名用漢字の範囲内であっても、字体レベルでは、異体字がかなり使われていたという、現実があり、役場等で、常用漢字・人名用漢字の範囲内の字体に直すことも出来ないとの事がわかりました。



 もちろん、本人からの申し出により、その範囲の字体に変更することは、難しくありません






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~三番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 27位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





人気ホームページランキング



5位(最高1位)です引き続き、クリックして応援してください。

ホームページランキング





3位に落ちましたが、引き続き、クリックして応援してください。

ブログランキング





日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ











昨日の最終成績は4位(最高4位)でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでした。ご訪問感謝します。





            ↓をクリックして応援してください。

 引き続き、ホームページランキング1位復帰できるよう応援をお願いします。
[2006/09/06 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。