スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[107]ありふれた苗字の人ほど個性的な名付けをすべきである
 何故かなどいわなくても解るとは思うが、同姓同名を防ぐためである。



 全国の大姓である鈴木・佐藤・田中などの人は、当然のことであるが、都道府県別で多い苗字や市町村やその地区で多い苗字の人も気をつけるべきである。



 特に市町村やその地区などの狭い地区では、出来うる限り、同姓同名を避けるべきである。



 現実にそういった狭い地域の中に同姓同名の人が居る人や家族がそうである人は、少なからず不愉快な思いもしてきたのではないだろうか。



 特に多いのが、郵便物の誤配である。



 他人の郵便物が自分のところに来るのも不愉快であるが、他人のところに配達されて、他人に知られたくない秘密がばれてしまうこともある。



 また、到着すべき大事な書類が自分のところに到着せずに、無視したと勘違いされるなどして、処分を受けるようなことがあるかもしれない。



 逆に懸賞にあたったものが、他人に換金されたりすることも起きるかもしれない。



 このような場合は、まだ良いが、人違いで、ひどい目に合わされるかもしれない。



 同姓同名など良いことは、一つもないのである。



 また、かなり年上の人と同姓同名の場合は、かなり古臭い名付けをしてしまっている可能性もある。



 このような場合、男性の場合であれば、かなり簡単に調査が出来る。



 全国の電話帳を名前から検索できるソフトを使えば簡単である。



 これでたくさんの同姓同名が出てくるような名前は、やめたほうが良い。



 また、インターネットで検索すると、もう少し、男性に偏らず、年齢もそこまで上ばかりでない人が検索できる。



 私の氏名(ホームページで公開しているので、ご存知の方もいるかもしれない)で言うと、電話帳ソフトでは、同姓同名がなく、インターネット上でも同性の同姓同名と確認できる人は、いなかった。








2位(最高1位)です3位9位・11位・17位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。

ホームページランキング

ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。





 10位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(25位26位・31位も私のブログです。)

人気blogランキング







 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位4位・8位・9位・14位・17位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。







 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻り、14日は、これまで最高の992アクセスありました。15日は、895アクセスと落ちましたが、16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセスでしたが、6日に始めて800アクセスを超えてから、800アクセスを割っていませんし、今月の1日平均は、約840アクセスあります。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します





 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。

 本年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[2006/01/20 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[108]占い師のこじつけを信じていると名付けなどできない | ホーム | [106]法務省は,悪魔ちゃんがいけないなどと言える立場にない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/107-5d1716d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。