スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[117]名付けに便利な漢和辞典は、何か


 結論を先に言うと、12月に出る学研の『漢字源』(第4版)を待てるのであれば、これがイチオシ



 以下、その理由。



 名付けに便利という点で、漢和辞典を見てみると、やはり人名用漢字辞典のすべてが、本文で解説されている必要があると思います。



 その基準で見ると、『新漢語林』・『学研新漢和大字典』・『例解新漢和辞典』・『新選漢和辞典』(新人名用漢字対応版)が該当します。



 これらは、漢字から引く場合には、人名用漢字や常用漢字の多くに名乗り欄があり、便利ですが、索引から引く場合は、人名に使える字であることがすぐに分かる工夫をしているものはあっても、名乗り欄にある例すべてが、索引できる訳ではありません。



 本文にある名乗りのすべてが索引できるものとして、『増補改訂JIS漢字辞典』がありますが、この辞典は、常用漢字・人名用漢字・国字といった情報がありませんので、名付けにそう便利ではありません。



 『学研新漢和大字典』に118項目の改訂意見を出したことは、他のブログで書きましたが、『漢字源』では、200項目以上の改訂意見を出し、多くの項目を採用していただいています。



 『漢字源』の改訂版は、12月ごろ出る予定なので、まだ詳細を公表できる段階ではありません。



 ただ、せっかく来ていただいた方のために、若干明かしておきますと、親字は学習用漢和で最大であった『新漢語林』の14,300あまりを大きく超えて、少なくとも15,000台にはなります。



 熟語数も『新漢語林』より5割程度多い予定です。



 国語関係に弱い漢和辞典の欠点を一部解消する提案も採用されています。今日も、この方面の提案を少ししておきました。



 なお、追加提案しようと思っていることは、先ほどから書いてあることで分かるかと思いますが、人名用漢字に関する提案です。



 これが採用されれば、その内容を具体的に書くとともに、19年度以降に高校に進学される方と、来年度以降結婚される方や辞典の出版が名付けに間に合う方には、私が改訂意見を多く述べている『漢字源』(第4版)を名付けに使っていただくよう、おすすめする日記を再度書こうと思っています。



 なお、名付け関係以外でも、漢和辞典がこのように改善されればありがたいという提案がありましたら、2月中旬ぐらいまでにご提案ください。



 これから担当に連絡したいと思います。



 提案した結果



 ページ数的に厳しいが、売りにはなると思うので、どのぐらいページ数の増になるか計算し、追加可能か上と相談してみるとのことでした。提案したのは、人名用漢字と名付けに関することとだけ言っておきましょう。








 今後とも、Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。



 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





2位(最高1位)です5位6位・16位・23位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。

ホームページランキング

2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。







 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(17位24位・27位も私のブログです。)

人気blogランキング







クリックして応援してください。








 16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセス、26日は831アクセス、27日は807アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えていました。しかし、一昨昨日の書き込みを手抜きと見られたのか、一昨日は、一挙に660アクセスに減りましたが、29日は789アクセス、30日は813アクセスと若干持ち直しました。この批判を真摯に受け止め、改善したいと思いますので、さらに応援していただきたく、お願いします





 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。

 本年もよろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
[2006/01/31 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[118]驚愕、64画の名前漢字があった | ホーム | [116]人名以外の名前でも、名づけるのは、容易ではない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/117-9ab98595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。