スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[118]驚愕、64画の名前漢字があった
 以前、[58]で、「龍」を「品」のように組み合わせた48画の字が、日本人の名乗りに使われた最大画数の漢字であると紹介しましたが、誤りでした。



 現実には、「大漢和辞典」にもある「龍」を縦横二つずつ組み合わせた64画の漢字が1852年生まれで、大隈重信と共に立憲改進党を結成した小野梓の幼名に「テツ」と読ませて、使われていたのである。



 詳しくは、最近、岩波新書から出た笹原宏之著「日本の漢字」の86ページを見ていただきたい。



 なお、「漢字・字源・漢和辞典のブログ」に書いた、この本の紹介記事を転載しておく。






以下、転載。





 昨日、岩波書店から「ご書評などでお取り上げていただけますと幸いです。」とかかれた謹呈伝票が挟まれた形で郵送されてきた。



  著者は、国字・異体字・位相文字・JIS漢字・現代日本語の表記など漢字の色々な研究分野において、第一人者と目される研究者で、私が師と仰ぐ人物である。



 書評など、おこがましいのだが、すばらしい内容の一端を紹介しておく。



 そのうち特に驚くであろう字を二つあげておく。



 文豪の遺稿に残された76画の漢字、日本人の名乗りに使われたことのある64画の漢字である。詳細は、岩波新書の最新刊の同書を見ていただきたい。



 その他の特徴を簡単に触れておくと、次のようなことになる。



 日本の漢字に関する難しい問題を素人にもわかりやすく書いてある。



 地名・文学その他、幅広い分野から素人はおろか漢字の専門家でも見たことがないだろうという漢字が和製のものを中心に、これでもかという分量が提示されている。



 その中には、普通の漢字とは言えないような、個人文字・ギャル文字や学生のノートなどに見られる省字も俎上にあげられている。




日本の漢字

日本の漢字



 

 漢字好きだ、漢字フェチだと言っても、この本を知らなければ、もぐりだと言われる時代が来るのではと思えるほどのインパクトがある。





以上、転載終わり。





 今後とも、Yahoo認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。



 なお、気に入っていただいた場合は、一番上か二番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。





2位(最高1位)です5位6位・16位・23位・29位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、過去になりましたが、今後ともよろしくお願いします。

ホームページランキング

2位になってしまいましたが1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。







 8位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(17位24位・27位も私のブログです。)

人気blogランキング







クリックして応援してください。








 16日は、目標としていた1,000アクセスを越え、1,065アクセスと最高を記録しました。17日は、871アクセス、18日は845アクセス、19日は817アクセス、20日は883アクセスでしたが、21日は、6日に始めて800アクセスを超えてから、初めて800アクセスを割って643アクセスになりましたが、22日は835アクセス、23日は931アクセス、24日は850アクセス、25日は773アクセス、26日は831アクセス、27日は807アクセスで、今月の1日平均アクセス数は、830を超えていました。しかし、一昨昨日の書き込みを手抜きと見られたのか、一昨日は、一挙に660アクセスに減りましたが、29日は789アクセス、30日は813アクセスと若干持ち直しました。この批判を真摯に受け止め、改善したいと思いますので、さらに応援していただきたく、お願いします





 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。

 本年もよろしくお願いします。
 





 このブログは、9月1日に公開し、9月3,000アクセス、10月3,824アクセス、11月4,650アクセス、12月10,738アクセス、1月25,627アクセス、合計47,839アクセスとなっています。ご訪問を感謝します
スポンサーサイト
[2006/02/01 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[119]人名用漢字の字形に気をつけよう(「辻・榊」は人名用漢字ではない) | ホーム | [117]名付けに便利な漢和辞典は、何か>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/118-bbc79fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。