スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[21]人名用漢字について知りたいと思ったら
 簡単に要点だけ知りたいと思ったら、インターネット上の小百科事典Wikipediaの項目を見るのがいいでしょう。



 書籍でということになると、最近新書で、2種類出ています。



 阿辻哲次氏の『「名前」の漢字学…日本人の“名付けの由来”をひも解く』と円満字二郎氏の『人名用漢字の戦後史』です。



 題名から見てもやや方向性に違いはありますが、いずれも人名用漢字制定の由来については、かなり詳しくかかれています。



 前者の著者は、京都大学教授、後者の著者は大修館書店の漢和辞典編集担当者で、いずれも漢字のプロですが、その立場によってか、切り口は違っています。



 まだ新しい本ですから、書店の新書コーナーで、ご覧になって選んでください。どちらを選ばれても、人名用漢字に関する平均的な知識は、つくと思います。






 2位です(1位・3位・4位・6位も私のブログです。5位以上完全制覇は、一時の夢か。クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)

ホームページランキング



 2位(1位・3位・4位も私のブログで、4位以上完全制覇です。)になれました。クリックして応援してください。





 このランキングにも参加しました。28位になれましたが、25位以内になるのは、かなり応援していただかないと無理なようです。クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





 まだまだ本格的に立ち上がっているといいがたいこのブログに、こんなに多くのご支持をいただき有難うございます。
スポンサーサイト
[2005/09/21 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[22]もっとも、多く利用している地名辞典は、 | ホーム | [20]新人名用漢字2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/21-053e04fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。