スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[222]氏の変更等のときにどんな制限があるか
無念ブログランキング2位/59サイト転落

引き続き、をクリックして応援してください


ブログランキング 

「学ぶ・教育」部門全体ではランキング10位/383サイトです。






無念ホームページランキング3位/138サイト転落



今後とも、をクリックして、応援をお願いします。





13位/191サイトです。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング









32位(最高16位)/878サイトです。クリックして応援してください。





 今日の主題は、氏の変更等のときにどんな制限があるかということです



 旧字体を新字体にする時は、市町村役場で簡単にできることは以前述べたとおりです。



 その他の場合は、婚姻前の氏や婚姻中の氏に変更する場合を除き、色々制限があり簡単ではありません。



 外国人である配偶者や配偶者の両親の氏に変更する場合は、外国の文字は使えませんので、カタカナか常用漢字の範囲内で表す必要があります。



 配偶者等が中国人または韓国人などの日本とは異なる漢字を使っているケースは、法務大臣の裁量もあるようです。常用漢字の範囲内の漢字に、どうしてもしたくない場合は、市町村役場から法務局を通じて、法務省の判断を聞いてもらいましょう。もちろん、だめだとされる場合もあります。



 また、同姓同名が原因で、氏を変更する場合も、常用漢字の範囲内で決めることが無難だと思いますが、家庭裁判所に相談してみてください。






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~三番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。







 13位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(22位28位・49位・51位・80位・88位も私のブログです。)

人気blogランキング







人気ホームページランキング



3位(最高1位)です引き続き、クリックして応援してください。

ホームページランキング

7位8位11位・24位・25位・26位・30位・32位・43位・45位・75位も私のブログです。

3位に落ちましたが上位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。





2位に落ちましたが、引き続き、クリックして応援してください。

ブログランキング

8位・9位・15位・16位・29位・35位・40位も私のブログです。





日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ











昨日の最終成績は5位(最高4位)でした。ご訪問、応援をお願いします。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。





            ↓をクリックして応援してください。

 引き続き、ホームページランキング1位復帰ができるように応援をお願いします。
スポンサーサイト
[2006/07/03 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[223]『人名字解』などを見ていると名付けできる字がなくなってしまうか | ホーム | [221]名前が決まらなければ、どうすれば良いか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/222-b8f52e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。