スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[229]珍しい苗字だとありふれた名前を付けても良いか…雅代さんのコメントに対する第2弾
大感謝ブログランキング1位/63サイト復帰

引き続き、をクリックして応援してください


ブログランキング 

「学ぶ・教育」部門全体でもランキング1/380サイト復活です。






感謝ホームページランキング2位/148サイト復帰





11位/212サイトです。クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング







31位(最高16位)/888サイトです。クリックして応援してください。





 今日の主題は、苗字が珍しければ、人気の名前などありふれた名前を付けても良いかということです



 苗字が珍しければ、同姓同名にはなりにくいので、一見ありふれた名前でも良いかと思いがちです。



 しかし、小・中・高校生ぐらいだと、苗字を呼ぶより、名前で呼んだり、あだ名で呼んだりすることのほうが多いのではないでしょうか。



 そのような場合、苗字が珍しくても、ありふれた呼び名になってしまい、他の人と区別がつかなくなってしまいます。



 かといって、あまり珍しい読みの名前もおすすめできません。



 「心」を「ご」と読ませるケースは、以前にもご相談を受けたことがありますが、やめることをおすすめしました。



 確かに『新漢語林』等の漢和辞典の名乗り欄にあります。



 この辞典の名乗り欄にある「きよ・さね・しん・なか・み・むね・もと」は、他の人が納得するような説明ができると思いますが、「ご・ごり」は、難しいのではないでしょうか。



 読みにくい名前であったとしても、説明すれば、他の人がなるほどと思い、覚えてもらえやすいものなら良いと思います。



 しかし、説明しても、なんか難しいなと思われるような名乗りは避けるべきでしょう。両親ともに全く知らなかったというような漢字や読みは、特に避けるべきだと思います






 今後とも、Yahoo・Google認定「名前漢字」サイト最高峰「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、一番目~三番目のランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 11位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





人気ホームページランキング



2位(最高1位)です引き続き、クリックして応援してください。

ホームページランキング





1位に復帰しました。引き続き、クリックして応援してください。

ブログランキング





日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ











昨日の最終成績は6位(最高4位)でしたが、4位のサイトと5人差でした。ご訪問を感謝します。



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は昨日までに19,516アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができそうです。ご訪問感謝します。





            ↓をクリックして応援してください。

 引き続き、ホームページランキング1位維持ができるように応援をお願いします。
スポンサーサイト
[2006/07/30 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[230]昭和30年代生まれで、当用漢字・人名用漢字以外の漢字の名前を持つ人がいる | ホーム | [228]名前の読みは、基本的に自由だというが…雅代さんのコメントに対する第一弾>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/229-0af18acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。