スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
〔264〕名前は、漢字から考えるべきか
無念9位/186サイト陥落。今後とも、クリックして応援をお願いします。

人気blogランキング





1位~12位完全制覇は、崩れましたが、4位までは、独占しています。

    

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑をクリックして応援してください。

ついに愛媛県1位復帰ですと言っても、2位~4位も私のブログであり、私のブログを抜いただけなので、複雑です。


このランキングに参加している私の12ブログすべてが1位~12位まで並んだというのは初めてのことでした。応援を感謝します。

 このランキングから、1週間に600人もの方が、ご訪問くださっています。記して、感謝の意を表します。





26位(最高11位)/801サイトです。クリックして応援してください。



日本ブログ村にも参加しました。

169位(最高33位)です↓のバナーをクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログへ





 今日の主題は、名付けを行うにあたって、名前に使う漢字から考えるべきか、読みから考えるべきかということです



 漢字から考えるべきだというサイトもありますし、このブログも一種の漢字ブログなので、このブログの管理人も漢字から考えるべきだと考えていると思っていませんか。



 現実は、そうではありません。



 人それぞれ、呼び名に思い入れがある人、漢字に思い入れがある人、いろいろだと思います。



 いずれにせよ、思い入れが強いほど、名付けのバリエーションが減ってしまいます。



 しかし、それは悪いことではありません。



 極端すぎると、名付けがうまくいかないかもしれませんが、まったく思い入れがなくても、限定ができないので、名付けの幅が広すぎて、名付けがうまくいかなくなります。



 すなわち、その人その人の思い入れによって、呼び名をある程度限定するのか、漢字のバリエーションを限定するのかが決まり、それによって名付けを具体化することができるのです。



 このブログに名付けの相談にこられる方も、この漢字を使いたいとか、この呼び名で良い意味の漢字を教えてほしいという方がほとんどです。



 一番困るのが、赤ちゃんが生まれたのだけど、名前が何も決まりません。良い名前はありませんかと言われることなのです。



 漢字でも名乗りの読みでも、思い入れのある方で、ばっさりと限定し、その範囲内で、赤ちゃんに愛情あふれる名前をつけましょう






 今後とも、Google検索「名前漢字」1位サイト「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。





 なお、気に入っていただいた場合は、1番目~3番目のいずれかのランキングをクリックしていただければ、幸いである。



 9位(最高4位)です。3位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

人気blogランキング





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑をクリックして応援してください。

四国1位です。2位~5位・7位・9位~11位なども私のブログです。




↓をクリックして応援してください。



26位(最高11位)です。



日本ブログ村にも参加しました。↓のバナーをクリックして応援してください。

にほんブログ村 教育ブログへ





昨日の最終成績は5位(最高1位)でした。ご訪問を感謝します。

こちらは、閲覧実人数から順位を決めている人気ランキングなので、こちらで1位になることが最も嬉しく思います。ただし、クリックしていただいても、ポイントは増えません。





 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は、22,852アクセスでしたが、9月は、14,179アクセスと急落しました。10月は、16,177アクセスでしたが、2記事しか書かなかったことを考えると上々だと思います。11月は、21,529アクセスでした。12月は、21,503アクセスでした。1月は、19日現在15,924アクセスです。今後とも、ご訪問・応援をお願いします。
スポンサーサイト
[2007/01/20 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[265]絶対に姓名判断を信じるべきではないか | ホーム | [263]キャラクターの命名案が採用されました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/264-95eea08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。