スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[366]出生届けは、どこに出すことができるか
感謝感激です



OUTポイント、すなわち私のサイトへのINが1位になりました。ご訪問、応援を感謝します。

人気blogランキング



感謝5位/158サイトです。今後とも、クリックして応援をお願いします。





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

をクリックして応援してください。

愛媛県2位ですが、1位から9位も私のサイトです。






くつろぐブログランキング

のランキングは3位になりましたが、引き続き、応援をお願いします。4位・5位なども私のブログです。





ブログランキング Blog Rank7

のランキングをクリックして、応援してください。

2位/60サイトです。










をクリックして応援してください。2位です。1位・3位・6位・8位から12位なども私のブログです。





日記・ブログ ランキング AirBlogRanking

をクリックして応援してください。





テクノラティプロフィール



 今日の主題は、出生届けは、出すことができる市町村が決まっているということです



 先日から、出生届けを出すことができる市町村の数は決まっていないと書きましたが、誤解される恐れが大きい表現でしたので、訂正する記事を書きます



 出生届けを出して不受理になった場合、普通は、受理されるように訂正して出しなおしますが、市町村の判断が誤っているのではと思われる場合、他の市町村に出すこともできます。



 ただ、赤ちゃんの出生後二週間以内に出さなければならないことは変わりませんし、どこの市町村に出せるわけでもありません。



 まず、両親の戸籍地の市町村。



 どこの市町村役場が受理したとしても、赤ちゃんの名前を戸籍に搭載するために、ここに送致されます。



 両親の住所地、住民票がある市町村のことです。



 両親の居所、両親が実際に住んでいる市町村のことですが、何かでそれを証明する必要があるでしょう。



 赤ちゃんの生まれた病院のある市町村。



 救急搬送中に生まれたのであれば、搬送先の病院のある市町村。



 船など交通機関で生まれた場合は、交通機関を降りた先の市町村。



 外国で生まれたのであれば、在外公館(大使館や領事館)。



 出生地主義を採る外国の場合、その国の役所に届けるとともに、日本でも届ければ、二重に国籍を取得することができますが、成人するまでにどちらかの国籍を選ぶ必要があります。



 かなり出せそうに見えますが、このほとんどすべてが異なっている方というのは、そうそういませんよね。







 今後とも、Google検索「名前」5位/2億9500万サイトの「名前漢字と名付けお助けブログ」を応援いただきたい。






ブログランキング Blog Rank7

のランキングをクリックして、応援してください。

2位/60サイトです。






人気blogランキング



感謝5位/158サイトです。今後とも、クリックして応援をお願いします。





人気ブログランキング【ブログの殿堂】

をクリックして応援してください。

四国2位です。
1位・3位・6位から8位なども私のブログです。









をクリックして応援してください。2位です。1位・3位・6位・8位から12位なども私のブログです。





くつろぐブログランキング

のランキングは3位になりましたが、引き続き、応援をお願いします。4位・5位なども私のブログです。





有名ブログランキング

をクリックして応援してください







12位(最高6位)/1390サイトです。クリックして応援してください。5位・13位もなども私のブログです。





日本ブログ村にも参加しました。

86位(最高33位)です↓のバナーをクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログへ





テクノラティお気に入りに追加する







昨日の最終成績は、久しぶりの3位(最高1位)でした。ご訪問を感謝します。

こちらは、閲覧実人数から順位を決めている人気ランキングなので、こちらで1位になることが最も嬉しく思います。ただし、クリックしていただいても、ポイントは増えません。



みんなのプロフィールSP



 2月は、平均900アクセスを超えましたが、3月は22,699アクセスで1日平均730アクセス、4月は19,321アクセスで1日平均644アクセス、5月は19,011アクセスで1日平均616アクセス、6月は17,653アクセスで1日平均588アクセスにとどまりました。7月は21,305アクセスと久しぶりに20,000アクセスを超えることができました。8月は22,852アクセスでしたが、9月は14,179アクセスと急落しました。10月は16,177アクセスでしたが、2記事しか書かなかったことを考えると上々だと思います。11月は21,529アクセスでした。12月は21,503アクセスでした。1月は28,201アクセスと11ヶ月ぶりに1日平均900アクセスを達成しました。2月は25,972アクセス、3月は25,904アクセス、4月は21,596アクセス、5月は21,363アクセス、6月は26,917アクセス、7月は28,413アクセスになりました。8月は28,663アクセスでした。9月は11日現在、11,400アクセスです。今後とも、ご訪問・応援をお願いします。



ブログの惑星ランキング

スポンサーサイト
[2007/09/12 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[367]パソコンでの表示も考慮にいれ、名付けをする……「渚(渚の旧字体)」・「祐(祐の旧字体)」があなたのパソコンで見えていますか | ホーム | [365]読みにくい名前だと受理されないか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/373-fa0d941a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。