スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[82]漢字本来の意味も考えて
 名付けのときに考える漢字の意味は、日本で使っているものだけではだめです。



 以前取り上げましたが、人名用漢字にある「柾目」の「柾」は、日本の用法だけだとなんと言うこともない字ですが、漢字本来の意味は、「霊柩車」の「柩」と同じ意味であり、このことを知っている方なら、大事なお子さんの名前に使ったりしないのは、当然のことであることを述べました。



 この字ほどでなくても、漢字本来の意味と日本語での意味がずれている漢字は、多くあり、「串(くし)・俵(たわら)・届(とどける)・柏(かしわ)・森(もり)・椿(つばき)・沖(おき)・鞄(かばん)・鮎(あゆ)」などは、典型的なものであり、悪い意味でなくても、漢字本来の意味もちゃんと理解した上で、名付けするようにしなければなりません。



 これらのことは、すべてのケースでなくても、一般的には、漢和辞典に載っており、本来の漢字の意味ではなく、日本語に特殊な意味について、「国訓」としたり、「日本語での意味」としたり、漢和辞典によっていろいろですが、漢字本来の意味と区別できるようになっています。



 これは、名付け本では、ちょっと無理だろうと思います。






 12位(最高12位)になることができました。10位以内を目指したいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(17位21位・24位も私のブログです。)

人気blogランキング

 次のランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、次のランキングに主に投票いただいているようですが、こちらにも、やや流れが来たようです。記して感謝の意を表します。





完全に2位(最高2位)を固めました。3位4位・5位・8位・18位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感があります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。(抜いたブログの中に自分のものがあるのは、複雑な気持ちです。)

ホームページランキング





 4位になりましたが、3位も私のブログであり、僅差です。3位5位・6位・9位・10位・12位も私のブログで、5位以上完全制覇は、崩れました。)1位復帰を目指したいと思います。クリックして応援してください。







  26日は、それまで最高の617アクセスを記録し、27日が535アクセス、28日が489アクセスありました。29日は、637アクセスと、また最高を更新しました。30日は、549アクセス、31日は500アクセスで、12月は、10,738アクセスと初めて10,000アクセスを超えました(10月は、3,824アクセス、11月は4,650アクセス、9月は控えていないが約3,000アクセス程度)。元旦にいたっては、書き込みしていないにもかかわらず、480アクセスあり、2日は530アクセス、3日は555アクセスでした。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します。





 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。

 本年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
[2006/01/04 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[83]漢字の字源や始原的な意味まで考える必要はない | ホーム | [81]いわゆる名付け本の選び方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/82-416962b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。