スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- ] スポンサー広告 | @
[98]使えるようで名付けに使えない漢字
 名付けに使えそうに思うが、実際は使えない漢字が以前は多かった。



 このことは、2004年9月に488字が人名用漢字に追加されることによって、ずいぶん減ったのではないかと思う。



 しかし、別の意味で、使えると思っていた漢字が使えないというようなことが起こっている。



 次の文章のおかしいところがわかるであろうか。



 私は、国字の在野研究者として、今まで人名につかえる国字が「働・凪・峠・畑・込」などしかなかったのが、今回の追加で「榊・辻」などが増え、うれしく思っている。



 国字か否かの判断の問題は、このブログの範疇ではないので、ここでは問題にしない。



 「榊・辻」は、使えるようになっていないのである。



 人名用漢字に対応している漢和辞典などをよく見ていただけるとわかるのだが、「榊」の旁は「神の旧字体」、「辻」の之繞はもうひとつ「点」の多いものになっている。



 このことで、法務省に確認したところ、上に述べた旧字体ぽい字形が使えるようになったのであり、「榊・辻」は、双方とも使えないとのことであった。



 実は、人名用漢字の追加に伴って、JIS漢字も例示してある文字に変更があったのだが、パソコンで対応しているものは、まだない。



 手書き字体に近い字形を採用すべき人名用漢字にあって、表外漢字字体表の印刷標準字体をその字体に採用したこともひとつの大きな原因である。



 人名用漢字の字体に関する問題は、もっと突っ込んでやるべきことなのだが、長文にもなるし、一部このブログの趣旨を超えてしまうので、漢字について、もっと専門性の高い、他のブログで扱うことにする。






1位(最高1位)争いをしています3位4位・5位・7位・11位も私のブログです。5位以上完全制覇は、昔日の感がありますが、第一歩を踏み出したことになります。3位以下のサイトとは、私のものも含め、完全に差がついた感がありますが、引き続き、クリックして応援してください。1位を争いは、非常に熾烈ですので、今後ともよろしくお願いします。

ホームページランキング

ついに頂点に立つことができましたが、2位であることのほうが多くなっています1位復帰を目指したいと思いますので、より一層の応援をお願いします。





 6位(最高5位)です。5位以内をめざしたいと思いますので、引き続き、クリックして、応援をお願いします。

(19位21位・26位も私のブログです。)

人気blogランキング

 次ののランキングへの膨大な支持者の一部の方をこちらに誘導できればと思い、ランキングの貼り付け順を変更してみました。今のところ、こちらにも、流れが来たようです。次のランキングが苦戦していましたので、一時的にもとに戻していましたが、2番目においたのでは、此方への投票が激減するようなので、やはり上におくことにしました。皆様方の暖かい応援に対し、記して感謝の意を表します。





 2位になりましたが、3位も私のブログです。3位4位・5位・6位・9位・12位も私のブログです。5位以上完全制覇が、再び達成できましたが、瞬間的でした。)1位キープを目指したいと思います。クリックして応援してください。







 5日は789アクセス、6日は864アクセス、7日は873アクセス、8日は984アクセスと増えていましたが、9日が972アクセス、10日が948アクセスとやや足踏み状態でした。それでも今年に入ってから平均750アクセス以上で、このブログの実力を超える訪問者数なので、これ以上多くの訪問者は、無理なのではないかと考えていたところ、11日は、987アクセスと今まで最高を記録しました。12日は、残念ながら879アクセスと減りましたが、13日は、973アクセスと最高に近いアクセス数に戻りました。目標としている1,000アクセスには、一歩及びませんが、十分すぎるほどのアクセス数だと思っています。昨年に続く応援に、記して、感謝の意を表します





 昨年は、多くの応援有難うございます。おかげさまで、ランキング1位と2位を獲得することができました。

 本年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
[2006/01/14 ] 本館に書いたこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<[99]新人名用漢字一覧 | ホーム | [97]名付けに学習辞典を使ってみよう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitenfeti7.blog55.fc2.com/tb.php/98-44f69ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

名付けと名前の漢字 (4)
名付けの相談 (3)
このブロクに関すること (2)
本館に書いたこと (497)

女の子の名前人気ランキング

無料アクセス解析

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

jitenfeti7

Author:jitenfeti7
1998.5.18  「和製漢字の辞典」でホームページデビュー。
1999.12.26 現在のメインサイト「日本語を読むための漢字辞典」正式公開。
2001.4  雑誌「本とコンピューター」で文芸評論家の紀田順一郎氏が「在野の遺賢」と紹介。
2001.7.12  「和製漢字の辞典」日経新聞文化面で、「国字の世界、ネットに開く」と大きく紹介。当日同サイトで最大の5000アクセス達成。
2001.9.4 NHKが私のことを和製漢字(国字)の研究者と紹介。
2004.11.25 ライブドアの「ジテンフェチの漢字Blog」でブログデビュー。
2005.4.11 楽天でブログ「漢字・雑学サイトのカリスマ」を始める。
2005.4.30 アメーバで「四字熟語と漢字のブログ」を始める。
2005.6.17 JUGEMで「語源・字源・漢和辞典のブログ」を始める。
2005.7.11 gooで「動物ブログ」を始める。
2005.7.12 yaplogで「ブログ 和製漢字の辞典」を始める。
2005.9.1 JUGEMで「名前漢字と名付けお助けブログ」を始める。
2006.3.13 JUGEMで「異体字と国字のブログ」を始める。
2006.5.14 exciteで「三字熟語と漢字のブログ」をはじめる。
2006.5.28 JUGEMで「四字熟語っぽくない四字熟語のブログ」を始める。
2006.7.31 アメーバで「オノマトペと慣用句のブログ」を始める。
2006.8.21 アメーバで「この漢字にこんな意外な意味があったのか」を始める。
2006.12.3 JUGEMで「non四字熟語のブログ」を始める。
和製漢字の鉄人・ジテンフェチを自称

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。